Home > Guitar & DTM

怪しいIbanez のセミアコ

怪しいIbanezのセミアコを入手した。
経緯はこんな感じ。
2007年3月にAさんが大阪のナカイ楽器古書のまち店で新品購入。
その時の店員の説明が『JOHN SCOFIELD MODELのプロトタイプ』との事。
この時点で、Fホール内のラベル無し、星野楽器の保証書が無し、だ。
2007年7月下旬にAさんはヤフオクに出品し、12万強で落札されるが、海外発送しないと明記しているにも関わらず、海外の方が落札してしまい、このオークションが流局に…
このオークションで、私は12万迄と決めていたので入札はしたが、落札できなかった。
しかし、入札する際に、ナカイ楽器に直接電話し、この楽器の素性を確認した。
カタログ外のイレギュラ品で、星野楽器の製品であることは間違いないそうだ。
こういうイレギュラ品は非定期で小売店に案内がくるそうだ。
また、処分品としてお買い得価格が付けられる場合が多いそうだ。
# Aさんの購入価格聞いときゃ良かった…(^-^;
そして、7月の終わりに、再度このギターはヤフオクに出品される。
希望落札額の11万で即効で落札されたみたいだが、出品された事すら私は気付いてなかった。
で、商品の発送までしたが、落札者がネックが捩れてるというクレームを付けて返品したようだ。
Aさんは、購入してまだ半年たっていないので、楽器店経由で修理に出した。
メーカも楽器店もネックの捩れに関して、正常の範囲との事。
気休めにアイロンを当てたみたい。
で、三度目の出品が2007年8月の下旬。
何気にオークションを見ていてこの出品に気付いた。
希望落札額が7万に設定されていた。
チョット考えたが、即効で落札した。
もし、本当に使用に耐えないネックの捩れがあったら、『ノークレームノーリターン』と書かれても、クレーム付けて返品するつもりだった。
で、来たギターがこれ。


画像をクリックすると進みます。( 戻る


確かにジョンスコモデル(JSM100)っぽい。
けど、なんかちょっとパーツが違う。
ぱっと見で、『ペグ』『ロッドカバ』『コントロールノブ』が違う。
どちらかというと、ジョンスコモデルと違う方が気恥ずかしくなくて良いだけどね。
半日かけて調整&チェック。
4時間のリハで弾き続けたが…まったく問題ない…
私が相当鈍感なのか?
何はともあれ7万では買えないギターと思ってるんだが…

あとは、星野楽器に少し聞いてみよ〜

==================================

で、少し聞いてみたら、星野楽器からお返事もらえました。
(以下、引用)---------
> お問い合わせいただきました商品ですが、弊社で生産したAS200の試作サンプル
> 品となります。
> 製造年は2005年製で、スペックは下記の通りです。
> ネック:マホガニー
> ボディ:メイプル合板
> 指板:エボニー
> ピックアップ:IBANEZ SUPER 58
> ペグ:GOTOH SG381-03PC
----------